アジアン・ハーブ

レモングラス

アジア料理には欠かせないハーブです。

タイ語ではタクライ。トムヤムクンにも使われています。

抗菌・殺菌作用があり、風邪の予防や腹痛、下痢の緩和にも効果的で、

胃の働きを助けて消化を促進し、脂肪の分解を促す作用もあると言われています。

ほかにも、このハーブには血行を促進し、貧血を予防する効果があると言われています。

 

 

 

カー

タイジンジャーやガランガルとも呼ばれているショウガ科の多年草です。

見た目はほとんど生姜、風味も似ています。利用する部分は根です。

食用、薬用として利用されます。

スープの中に具と一緒に入っていますが、普通は食べません。

魚や肉の臭み消しに使われることもあります。

健胃作用、発汗作用、鼻孔の炎症、呼吸器疾患、等に効果があると言われています。

 

 

 

ミント

スーッとする清涼感が持ち味です。

肉や魚料理の臭み消し、サラダに混ぜてもおいしいです。

タイ料理やベトナム料理にも主要なハーブとして使われています。

ミントに含まれる有効成分はメントール。

これは医薬品の材料として広く使われています。

消化不良、吐き気、気管支炎、発熱、抗炎症、消毒、

ニキビ予防、皮膚炎の鎮静、痒みをおさえるほか

収れん効果によるテカリや毛穴の引き締め効果があると言われています。

 

 

 

 パクチー

世界一 好き嫌いが分かれる食材かもしれません。

コリアンダー、ツァンツァイとも呼ばれています。

水銀や鉛などの重金属は飲料水や化学肥料、排気ガスなどから

体に入り完全に排泄されずに体内に蓄積します。

それらの重金属は体内の酵素に取り付き、

酵素の働きを阻害してしまう性質があります。

 

そこで、デトックス効果の高い野菜パクチーは体内に溜まった

有害金属(水銀、砒素、鉛、カドミウムなど)を

体の外に排出してくれる素晴らしいハーブとされています。

ハーブの中でもとりわけ香りが独特なパクチー。

実は、この香りにも優れた作用があります。

胃腸などの消化器系に働きかけるリナロール、ゲラニオールといった、

パクチーの芳香成分には、整腸作用や胃を丈夫にする作用があるんです。

 

 

 

 

スイートバジル

バジルには心身及び中枢神経の強壮作用があり、

体のさまざまな機能を高めてくれます。

また鎮静作用もあり、腹痛や吐き気、胃痙攣といった症状を鎮めてくれます。

イライラをしずめて神経を落ち着かせたり、

偏頭痛にも効果があると言われています。

便秘にも効果を発揮し、お通じを良くします。

 

 

 

 バイマックルー

こぶみかんの葉、カフィアライムとも呼ばれています。

ほろ苦い酸味が肉や魚の臭みを消し,芳香を添える野菜の一つです。

重なり合う2枚の葉が特徴で,果皮を薬味に使うこともあります。

消化促進・血行促進・殺菌・防腐作用の効能があると言われています。

Today's Schedule